トップ » カジノ法案

Tag: カジノ法案

カジノ法案の問題点を解説!2021年最新版!オンカジはどうなる?

もくじ✅カジノ法案ってなんなの?✅カジノ法案成立により懸念される問題点✅カジノ法案成立でオンカジはどうなる?✅ラッキーニッキーのサイト限定登録ボーナスとウェルカムパック✅まとめ カジノ法案ってなんなの? はじめに、私たちラッキーニッキーがカジノ法案とは何なのかということについて解説してみたいと思います。 カジノ法案は2016年12月に成立及び施行された法案で、カジノ法案の正式名称は『Intergrated Resort 推進関連法案』(通称『IR推進法』)と呼びます。カジノ法案は結論からいうと、名目上は日本国内でのカジノを合法化するための法律ではありません。 カジノ法案は、日本が観光先進国になるべく様々な業種の国際イベントを行うための施設やホテルとしての宿泊施設、ショッピング施設やリゾート施設などを兼ね備えた統合型リゾート施設(IR)の建設、改行を推進していくための法律です。 IR施設は、日本国内全体のリゾート施設のうち3箇所だけが特別にカジノ施設の併設を許可されている状況で試験段階と言えます。 カジノ法案の成立で決められたことは以下の通りとなっています。 統合型カジノ施設は何箇所までOK? 全国で政府に承認された3箇所のみ カジノ施設の入場料 6,000円/回 ※日本人のみ 入場回数 1週間に3回まで/月に10回まで カジノ施設に対しての徴収税率 カジノ収入の30% 身分証の提示 マイナンバーカードの提出が義務 統合型カジノ施設の増加 初のカジノ施設オープン後7年経過したあと 海外観光客に対しての規制は身分証明書の提示(年齢確認と犯罪防止)以外は入場料はなく、日本国内の治安悪化やギャンブル依存症対策として上記のような決まりが設けられています。 IR(統合型リゾート)は、政府から正式に認定を受けて開業される必要があります。 統合型リゾート施設(IR)の誘致を望む都道府県が立候補して、事業計画書を作成し政府から承認されなければなりません。ステップが多いのと全国で3箇所に限られているので、実際に政府に承認されるまでにはかなりの時間がかかるのと都道府県民の理解を得る必要があります。 カジノ法案ではカジノ施設の事業者が得た収入のうち30%が「カジノ税」として徴収される経済復興のために充当される仕組みとなっています。 結果論としてはカジノが解禁されることになりますが、様々な規制が設けられているのはカジノ法案の目的があくまでも観光客の大幅な増加を目的としているからです。 カジノ法案は海外からの観光客の大幅な増加や財政難からの脱却、雇用機会の大幅な増加など多くのメリットが期待されていますが、懸念されている問題点もあります。 カジノ法案のポイントとしてはこんなところですが、カジノ法案が抱えている問題点についてこの次の章から掘り下げて解説していきたいと思います。 カジノ法案成立により懸念される問題点 カジノ法案には大きな経済効果が期待されており、アメリカのシティグループが東京・大阪・沖縄にカジノを作った場合の経済効果を算出したところ約1兆5000億円ほどと推定されています。 さらにカジノ法案は大幅な雇用機会の創出と大幅な海外観光客の増加が期待されています。大きなメリットがたくさんあるカジノ法案ですが、一方でカジノ法案には問題点や懸念されいることもあります。この章ではカジノ法案が抱えている問題点について解説してみたいと思います。 カジノ法案の問題点を順番に解説していきますね。 1:治安が悪化する可能性がある カジノ法案成立により統合型カジノ施設が営業開始した場合、海外からリゾート目的とカジノ目的から想像を超える多数の外国人が日本国内に入国してくる可能性があります。ギャンブルの特性上、海外観光客の中に反社会勢力が混在して施設内に来場してくる可能性も否定できません。現時点ではカジノ法案に海外からの観光客に対して明確な規定が設けられていないため、実際にカジノ施設ごとにオープン時に細かな規定を設ける必要性もあることは確かです。 2:マネーロンダリング(資金洗浄)に利用される可能性がある 海外のランドカジノ施設がマネーロンダリングに利用されることも珍しくはないのが現状です。マネーロンダリング、通称マネロンは反社会勢力が犯罪などで得た不正な資金の出どころを分からなくすることです。(資金洗浄)反社会勢力などがその不正に得た資金をカジノに投資し、その勝利金をチップと換金をすることで不正に得た紙幣の行方がわからなくなってしまうのでその対策が必要と言われています。日本は海外に比べてまだまだマネーロンダリングに対する対策、整備が整っていないので海外の反社会勢力からも狙われてしまう可能性があります。 3:深刻なギャンブル依存症社の増加の危険性がある 日本の公営ギャンブル、そして3点方式という独自の換金体制を整えているパチンコ業界でもギャンブル依存症に対する対策は課題となっていますが、ランドカジノではもっと巨額のお金の出入りがあり、一瞬にして数百万、数千万、そして億超えまで手にすることも可能です。そのため、特に一瞬にして思わぬ大金を手にした方はより深刻なギャンブル依存症になってしまうことが懸念されています。海外に比べてストレス社会が深刻化している日本国内においては、ギャンブル依存症にかかる方が多いと言われています。 ただ、このカジノ法案における問題に関してはさきほどご紹介した一定の規制を日本人にだけ設けることである程度は対策が取られています。また、この他のカジノ法案の問題点としては「カジノに対して抱いている日本国民のイメージ」が挙げられます。 日本国内にいてギャンブルと犯罪の関係は度々ニュースでも取り上げれており、特に法律で認められていない違法カジノ、インカジなどのイメージがありカジノそのものに対して悪いイメージを抱いている人も少なくはないので、そのあたりを改善するために今後オープンされるカジノ施設には政府の承認段階で適切な支持を与えて規制を追加する必要もあります。 カジノ法案の問題点としてはこんなポイントが挙げられます。 カジノ法案成立でオンカジはどうなる? カジノ法案は問題点や課題がありますが、皆様もそして私たちも気になっているポイント、そう、カジノ法案成立でオンカジがどうなったのか、そして今後オンカジがどうなっていくことがこのカジノ法案成立から考えられるのかといったことについてご紹介してみたいと思います。 カジノ法案の成立で、オンラインカジノはこれまで以上に人気が出ているという状況です。日本ではこれまでカジノ自体が賭博法の影響から禁止されていました。これはあくまでも日本国内にカジノ施設(胴元)とユーザーがいる場合が、正確には賭博法の適用対象となります。しかし、カジノ法案の成立によりカジノに対する国民に関心が今まで以上に強まり、オンラインカジノの合法化にも期待がかかりますますオンラインカジノは人気が出てきているという状況です。 オンラインカジノが合法になるまでに時間が掛かっている1つの問題が、税金の徴収面です。逆にここさえクリアになれば合法となる可能性が高いと思っています。そうなれば日本国内でのオンラインカジノの運営が可能になりますね(^o^) オンラインカジノは、忙しい現代人にはぴったりなんです。時間と場所を選ばずにいつでもどこからでもネット環境さえ整っていれば、遊べますからね。ランドカジノユーザーさんのほとんどがオンラインカジノでも遊んでいるというのが実情です。カジノ法案の成立を受けて、日本でのオンラインカジノユーザーがさらに激増していることから、ヨーロッパから毎月のように新しいオンラインカジノサイトがオープンしています。日本がマーケットとして今後成長することに絶対の自信がある証拠ですよね。カジノ法案の成立を受けて、オンラインカジノの合法化に向けて前進したことは間違いですね。ラッキーニッキーも、正式にオンラインカジノ運営が日本国内で合法となる日を心待ちにしています。今後に大きな期待を寄せましょう♡ ラッキーニッキーのサイト限定登録ボーナスとウェルカムパック さて、ここからはラッキーニッキーのサイト限定のボーナス情報と業界最大のウェルカムパックについて紹介させていただきます。 カジノ法案にはまだまだ問題もありますが、第一号となるランドカジノが経済に深刻なダメージを与えているコロナによるパンデミック終息後に一刻も早くオープンすることを期待しています。 ラッキーニッキーのサイト限定登録ボーナス! ラッキーニッキー(Lucky Niki)では当サイト限定のスペシャルボーナスをご用意して皆様をお待ちしています。まだラッキーニッキーに無料アカウントをお持ちでない方は、是非ともこのサイト内のバナーリンクから登録をしてみて下さいね。 ラッキーニッキーの無料登録はとても簡単、2分程度で完了します。 トータル3000種類を超える業界最多のゲームと、業界No.1のボーナス還元率で皆様をお待ちしております。 業界最大のウェルカムパッケージ […]

さらに読む

カジノ法案(IR法案)の基礎知識を徹底解説【2020年最新版】

たびたびニュース等で耳にする【統合型リゾート施設】、【カジノ法案】、【IR法】等の言葉を耳にしますがいったい何のことやらと他人に聞くのは恥ずかしいけど実際まだ漠然としか理解していない方も多いのではないでしょうか? まず最初に統合型リゾート施設と言うのは英語に直すと: Integrated Resortとなりこの言葉の頭文字を取ってIRと呼んでいます。 これは、1つの敷地または建物の中に国際会議場・展示施設などの施設、ホテル、商業施設(ショッピングモール)、レストラン、劇場、映画館、アミューズメントパーク、スポーツ施設、温浴施設などと一体になった複合観光集客施設のことを指します。 日本においては、地方自治体の申請に基づきカジノの併設を認める区域を指定して設置される建物および敷地の事を指しています。 このような通称IR(統合型リゾート)を日本国内で建設してさらにカジノの様なギャンブルも行えるようにするために、法の整備を行っている内容としてIR法案という事が度々議論されています。 今まで日本では、国内での公演ギャンブル以外のかけ事は法律によって禁止されていましたが、このIR法案によりカジノが解禁されようとしています。 このような一連の議論や法整備を総称して【カジノ法案】等と呼ばれています。 ここからはこのカジノ法案とはいったいどんなものなのかをより詳しく解説していき、現状ではどこまで話が進んでいるかを解説していきます。 もくじ✅ カジノ法案とは✅ カジノ解禁によるメリットと懸念事項 ・ メリット ・ 懸念事項✅ カジノ法案の進捗状況✅ まとめ カジノ法案とは【IR法とは】 カジノ法案とは、シンプルにわかりやすく説明すると日本にもカジノを合法的に作るための法律を設定するという事です。 カジノについては多くの諸外国ではすでに統合型リゾート施設の中にカジノ施設も含まれている所が数多く存在しています。 例えばマカオやシンガポールなど、近年に統合型リゾートを設置した国が国際的な観光拠点として多数の観光客を進める中で、訪日外国人観光客(インバウンド)を集めるプロジェクトの一つとして、日本国内への統合型リゾート設置が功を奏しています。 しかし現行の日本の法制度ではカジノが違法であるため、統合型リゾートの推進にあたっては、カジノの法制度化が大前提とされているために現在法整備を行っている状態となっています。 カジノ法案が最初に議題にあがったのは、2016年(平成28年)12月で衆議院本会議にて「特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律」(IR推進法)が成立しました。 この法律が可決されたことによりカジノの法制度化への道が開かれることになった一方、気軽にギャンブルに手を染めることができることで、ギャンブル依存症への増加が懸念されています。 その為、ギャンブル依存症対策を行う事は必須であることから規制もしっかり設けなければならないのが現実の問題として存在します。 このような規制にあたっては、2019年10月に閣議で、統合型リゾートの事業者を規制・監督する「カジノ管理委員会」が設置される政令を決めることで依存できない環境づくりの対策を行うとしました。 これらがカジノ法案の基本的な内容となっています。 カジノ解禁によるメリットと懸念事項 いままで日本の法律では国内にてギャンブルを行う事を禁止していた中で、今回法律を変えてでもカジノの様なギャンブルを合法化させるメリットはどんなことなのかまたカジノを合法化することによる懸念事項はどんなことなのか見ていきます。 カジノ法案のメリット まずカジノを合法化することによるメリットは、国内外からの観光客の誘致やMICEと呼ばれるMeeting(会議・研修)、Incentive(招待旅行)、Conference(国際会議・学術会議)、Exhibition(展示会)またはEvent(イベント)の振興を期待できるという事。 要するにカジノをはじめとする娯楽や国際会議などの場で使える施設としてのアピールをすることによる日本国内を始め世界各地からの誘致を期待できるという事となります。 このような目的に使用することによりカジノ税収入など国家や地方自治体への新規財源の創出や赤字国債の削減による財政健全化を図ることができます。 現実に先にIR法が可決されているマカオでは、2018年には一ヶ月当たり約1091億円のカジノ税収があり、マカオでは歳入の約7割がカジノ税による収入で補えています。 またマカオはカジノ税で財政収支黒字なために医療や教育などが無料化等もされています。 この様にIRの中でもカジノからの税収入を得ることにより様々な保険や医療や教育などの財源に充てることができ住みやすい環境を作れることが期待できるのです。 カジノ法案の懸念事項 一方カジノ施設を作ることによる懸念事項、つまりデメリットとして考えられることは以下の様な事があります。 ・カジノ解禁によるギャンブル依存症問題 日本に現在あるような、「遊技」という扱いで、パチンコ・パチスロという賭博場がごく身近にある国では、それらの悪影響によって、他の先進国の10倍の割合のギャンブル依存症が存在するという現実があります。 それに対し、日本政府は「ギャンブル等依存症対策基本法」を定め、各自治体に「週3回・月10回までの入場制限」「クレジットカードによるチップ購入を禁止」など依存できない環境づくりの対策を行うことを義務付けています。 ・治安の悪化 カジノができることで、周辺の治安悪化を懸念する声が市民や日本における反対派議員・政党から出ています。 日本政府としてはIR先進国のシンガポールを例に出しシンガポールにおけるIR設置前と後の犯罪認知率のデータを示して、IRの設置による犯罪認知率の大幅な変動がなかったことを実証しています。 東京都の報告書では、シンガポールの例に加えて、マカオ、韓国における犯罪件数のデータも示されており、この2例でもIR設置前と後で犯罪件数に大幅な変動は見られず、ほぼ横ばいであると報告されているとなっているので抑止力の整備を行う事により解決される問題とは去れています。 ・犯罪組織の関与 IRの運営に反社会勢力や、暴力団などが介入することで、IRがその様な組織の資金源となってしまうことが懸念されています。 ラスベガスでは、「ラスベガス・モデル」と呼ばれる参入規制が実施されており、上場企業がカジノに参入しようとするときは有価証券報告書、税務調査内容、取引先の一覧などの情報を当局に提出しなければならないなどの対策を取っています。 この「ラスベガス・モデル」では、ある一定以上の議決権を有する株主や企業の役員・管理職にも、銀行・クレジットカードの明細、海外の預金口座、確定申告書、無犯罪証明書など種々の文書の提出が求められる様にしていますがその一方、これらの制約を受けない犯罪組織メンバーが関与しうる余地は依然として残っている為、懸念事項として解決案を制定する必要があります。 カジノ法案の進捗状況【IR法案】 2019年8月にアメリカ合衆国のIR運営大手のシーザーズ・エンターテインメントは、「日本でのIR運営のライセンス取得に向けた活動を中止し、日本市場から撤退する」と発表しました。 2018年時点で同社は東京や横浜、大阪、北海道・苫小牧でのIRの開発を目指し、整備構想案を公表していましたが最大市場の米国など既存事業に経営資源を集中させる事が理由とされています。 そのためIRを進める上で2020年4月、カジノを含む統合型リゾート施設について、事業者に求める条件などをまとめた実施方針の公表し国内の業者から公募する予定で当初2020年6月としていましたが「新型コロナウイルスの感染が拡大している状況を総合的に勘案し、最重要のことに専心すべきだ」と述べ、感染症対策を最優先する考えを示し延期する事を明らかにしました。 この結果現時点では、当初2026年度末としていたIR開業時期が少なくとも1、2年延期されるとの見通しを示しています。 新型コロナウイルスの影響で参入を目指す事業者との協議が進んでいないことを理由に挙げ、投資余力が落ちているということも勘案しながら開業時期を見定めていく必要との見解を見せています。 まとめ カジノ法案可決当初は、カジノを含む統合型リゾート施設は2020年の東京オリンピックに合わせてオープンを!という目標が建てられていましたがIR汚職問題を始めコロナウイルスの世界的パンデミックによる問題により、各法案の審議が長引き、先行きはわからなくなっています。 ただ国内でカジノを合法化することによる大きなメリットは期待できることは事実であり、有益な事も非常に多いことから早いオープンを期待したいところではありますがその一方、懸念事項も多いことからより豊かで楽しい日本におけるカジノの存在で合ってほしいことからしっかりと時間をかけて問題を解決したうえで法律やインフラなどを整えて頂きたいものです。

さらに読む