ブラックジャックの必勝ガイドブック!ブラックジャックで一攫千金

blackjack

もくじ
✅ ブラックジャック【Blackjack】の概要
✅ ブラックジャック【Blackjack】のゲームのルール
✅ ブラックジャック【Blackjack】のルールのおさらい
✅ ブラックジャック【Blackjack】の専門用語
✅ ブラックジャック【Blackjack】のゲームの流れ
✅ 
ブラックジャック Blackjack】の勝利時の配当
✅ まとめ

register to luckyniki

ブラックジャック【Blackjack】の概要

ブラックジャック(英語: Blackjack)は、トランプを使用するゲームです。

オンラインカジノで行われるカードゲームでは、バカラと並ぶ人気ゲームです。

カードの合計点数が21点を超えないように、プレイヤーがディーラーより高い点数を得ることを目指す。

バカラやおいちょカブと似たスタイルのゲームです。

ブラックジャックは、ポントゥーン(pontoon)や、21(twenty-one)という別名もありったりします!

オンラインカジノのライブカジノのブラックジャックは、生中継でディーラーと勝負できるので非常に面白く臨場感ある勝負を楽しむことができます。

カジノの世界では、ブラックジャックを極めることはカジノを極めるという事になりブラックジャックを極めることは、カジノでの勝率がグンと飛躍する事にもなりますのでまだルールを知らない方は、是非覚えてブラックジャックをやってみてください。

ブラックジャック【Blackjack】のゲームのルール

プレイヤーは、ディーラー(胴元)との間で1対1の勝負を行う。

つまり、プレイヤーが複数いる場合には、ディーラーは複数のプレイヤーと同時に勝負をすることになりますが、ゲームをプレーしている際、プレーヤーが何人いても基本的には、変わる事はありません。

勝つための目標は、カードの点数の合計が21を超えないように21に近づけ、その点数がディーラーを上回ることで勝利する事が出来ます。

blackjack

手の中のカードの点数は、カード2~10ではその数字通りの値であり、また、絵札であるK(キング)、Q(クイーン)、J(ジャック)は10と数える。

A(エース)は、1と11のどちらか、都合のよい方で数えることができる。

blackjack

各プレイヤーが初めの賭け(ベット)を終えると、ディーラーはカードをプレーヤーに2枚配る。

ディーラーの2枚のカードのうちの1枚は表向き(アップカード)にされ、皆プレーヤーも見ることができます。

もう1枚のカードは伏せられている。

伏せられたカードをホールカードと呼びます。

プレイヤーの行動が全て終わった時点ではじめてディーラーの2枚目のカードが表向きにされる。

プレイヤーのカードは、カジノによって表向きの場合と裏向きの場合があるが、現在主流になっている6デッキ以上を利用するルールにおいてはフェイスアップで配られることが通例である。

この時点で、プレイヤーが21(1枚は10、J、Q、Kのうちのどれかで、もう1枚はAという組み合わせの場合のみ可能)であれば「ナチュラル21」又は「ナチュラルブラックジャック」と呼ばれ、ディーラーが21でなかった場合には、ベットの2.5倍の払い出しを受ける。

プレイヤーとディーラー、双方がナチュラル21の場合には引き分けとなる。

プレイヤーがナチュラル21にならず、ディーラーがナチュラル21の場合には自動的にプレイヤーの負けとなる。

次のステップでは、プレイヤーはヒットまたはスタンドの選択を行う。

ルールによっては、ヒットとスタンド以外にも追加のルールを採用しているところもあります。

プレイヤーは21を超えなければ何回でもヒットすることができる。

21を超えてしまうことをバースト(bust)と呼び、直ちにプレイヤーの負けとなる。

プレイヤーが全員スタンドするとディーラーは自分のホールカードを開く。

ディーラーは、自分の手が17以上になるまでカードを引かなければならず、17以上になったら、その後は追加のカードを引くことはできない。

ディーラーが21を超えた場合には、スタンドしたプレイヤーは全員勝利である。

プレイヤーとディーラーが同じ点数の場合には引き分けとなる。

Aと6の組み合わせの場合、ディーラーがヒットするかスタンドするかは、カジノによって異なっている。

一見すると、選択肢の多いプレイヤー側に有利かのように見えるゲームだが、バーストした時点で負けであることから、先にカードを引くプレイヤー側には不利な点も多い。

blackjack

ブラックジャック【Blackjack】の基本ルールのおさらい

☆引いたカードの合計を21に近づける(合計21が最強)

☆合計カードが21を超えなければ何枚でもカードを引くことができる。

☆カードの合計が21を超えてしまうと自動的に負けが決まる

☆相手(ディーラー)は合計値が17になるまではカードを引き続きける。

ブラックジャック【Blackjack】の専門用語

ヒット カードを追加で引く事。

スタンド 現在の数値のままでディーラーと勝負する。

・スプリット はじめに配られた2枚のカードが同じ数字だった場合、カードを2つに分けることができる。

・ダブル・ダウン次の一手で勝てそうだと思った場合、賭け金を2倍にして次のカードを1枚だけ引くことができる。

・インシュランス ディーラーの1枚目のカードが「A」だった場合に賭け金の半額をベットし、ディーラーがブラックジャックだった場合に賭け金が戻ってくる。

・サレンダー手札が悪く勝てないと思った時に賭け金の半分を犠牲にしてゲームを辞めることができる。

・バーストカードの合計数が22以上になってしまう事。(負けが決定する)

・ブラックジャック(Black Jack):カードの合計が21になる事。

ブラックジャック【Blackjack】のゲームの流れ

まずは制限時間内にお金をベットする。

制限時間になるとディーラーがディーラー自信とプレーヤーにカードを2枚ずつ配ります。

最初はディーラーのカードは1枚のみ確認する事が出来ます。

合計値が21に近いほうが勝ちとなりますが、もしまだカードを追加したい場合はヒットのボタンを押してカードを追加します。

これ以上引きたくない場合はスタンドボタンを押してストップします。

この時にもし21を超えてしまったらバーストとなり負けが決定します。

自分のカードがいい数字になってスタンドした後に、今度はディーラーの番になりディーラーがヒットしたりスタンドしたりしますが、基本的にディーラーは合計値が17を超えていない場合は延々とヒットし続けます。

このルールを考慮しながら自分のヒットする合計値を計算しながら遊ぶと流れがわかってきます。

プレーヤーはディーラーの合計値に21を超えない数字で勝てばよいので21にしようとする必要はありません。

17以上であるならばそこでスタンドしてディーラーのバーストを待つのも戦略の1つとなります。

実際オンラインカジノでライブカジノのテーブルに座った際は、ブラックジャックに限らずバカラやシックボー等も他のプレーヤーがいます。

他のプレーヤーも同じゲームをするのでより勝負心に火が付きますし、臨場感がありますが、いつまでもヒットかスタンドかを選択しなかったりすると他のプレーヤーに迷惑が掛かってしまいますので注意しましょう。

ブラックジャックで稼ぐ基本的なコツは、まずブラックジャックのルールを完全に覚えること。

そしてディーラーのカードのヒットもしくはスタンドのルールを認識する事。

ディーラーは自分の意志でヒットするかスタンドするかを決めていません。

2枚の合計が16以下ならヒット17以上なら強制的にスタンドとなります。

これは、最初にプレーヤーからカードをヒットしたりスタンドをしている関係でディーラーの意志で自分がヒットするかスタンドするかを選べたら不公平になってしまうという理由があります。

ディーラーがプレーヤーの数に勝っていれば、そこでスタンドしてしまうのでこのルールを知っているか知っていないかで勝負するのには大きな違いがあります。

ブラックジャック【Blackjack】で勝利時の配当

プレーヤーが勝利した時

賭け額と同額が勝利金としてもらえます。10ドルベットの場合は合計20ドル貰えます。

・プレーヤーがブラックジャック『21』で勝利した場合

10ドルベットの場合は1,5倍の賞金が貰えるので合計25ドルの賞金が貰えます。

・プレーヤーが負けた時

もちろん0円です…….。

まとめ

いかがでしたか?

ブラックジャックは、シンプルだけどやってみればやってみるほど奥の深いゲームとなっています。

100%勝てる必勝法がないから100%にどれだけ知被けるか1人1人必勝法を持っていたりします!!

あなたも是非ブラックジャックで自分だけの必勝を見つけてみてください!!

皆さんもオンラインカジノのブラックジャックで一攫千金を狙いましょう!

register to luckyniki
x
No Deposit Bonus